ブログ

都万のクロマツ群 屋那の松原

都万のクロマツ群 屋那の松原

隠岐の島町南西部・都万エリアに位置する、都万川の河口にあるクロマツ群。
樹齢300年以上の巨木が残っているこの「屋那の松原」は、日本の白砂青松百選に選定されています。


その昔、隠岐の島が江戸幕府の天領であった時代、この地方の役人であった乃木九兵衛が、荒れ果てた都万川の河口に、新田を開発しようと計画しました。
そして、里人総出で水際に堤防を築いて新田を完成させ、これを守る防風林としてクロマツが植えられたものが今に残ったと言われています。

また、言い伝えでは、この松原は「八百比丘尼」が一夜にして植えようとしたが、ある男がニワトリの鳴き声を真似したところ、あわてて立ち去ったとされています。

海岸からは、島前も臨むことができる、景色の素晴らしい場所でもあります。

木の種類通称幹囲樹高
クロマツ郡屋那の松原3.2m25m

【所在地】



関連記事

ウッドヒル隠岐(隠岐島木材業製材業協同組合)

〒685-0434
島根県隠岐郡隠岐の島町原田奥ノ原986-6
TEL 08512-2-0189
FAX 08512-2-0124
ページ上部へ戻る